注目の大腸CT検査を受けてみませんか?

 新型のマルチスライスCTと炭酸ガスを利用した新しい大腸の検査法です。
細いチューブを肛門から数cm入れ、炭酸ガスを注入して大腸を膨らませCTで撮影を行います。
大腸CT検査は高い検査精度を確保し、大腸内視鏡検査や注腸X線検査に比べると下剤の負担が軽く、し かも15分程度の短時間で検査を行うことができます。

大腸CT検査(CTC)

  • 大腸CT検査でわかること

    “大腸がん”や“ポリープ”の有無が分かります。他には、腹部のCTを撮影するため、肝臓や腎臓、膵臓等の大腸以外の臓器情報もわかります。

  • こんな人におすすめ

    ①便潜血検査ではなく、画像による大腸がん検査を行いたい方
    ②便潜血検査で要精密検査の判定が出た方
    ③大腸内視鏡検査に抵抗感がある方
    ④何らかの理由で、内視鏡検査を受診できない方

  • 大腸CT検査の実際

    検査予約と検査の説明

    事前に予約を行い、当健診センターにお越しいただき、医師による検査の説明、検査食や下剤等の説明をします。

    前処置

    検査前日の朝食から当日朝まで検査食を召し上がっていただき、食事ごとに緩下剤や少量の造影剤を飲んでいただきます。当日は軽い朝食後、コップ一杯程度の下剤を飲んで、排便を数回行い大腸内の便を排泄します。

    検査

    検査着に着替えてCT室に入り、検査台に横になります。肛門に細いチューブを入れ炭酸ガスを注入します。大腸内に炭酸ガスが充満したら、うつ伏せと仰向けでCT撮影を行います。

    検査結果の説明

    検査・読影を行った医師が、検査画像を一緒に見ながら検査結果の説明を行います。

仮想注腸像  仮想内視鏡像(赤丸部に茎を持つ、隆起性病変を認めます。)
  • 検査料金

    ドックオプション・検診 27,000円

    便潜血陽性の2次検査(保険診療)

    1割負担 約2,300円

    3割負担 約7,000円

    ※ 別途検査食費用1,900円が加算されます。

大腸CT検査受付 総合健診センター
TEL:024-546-3533
FAX:024-539-7853
E-Mail:shinryozyo@fhk.or.jp

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰