<CT検査>

当健診センターでは、80列マルチスライスCTを導入しています。
「短時間」で、「広範囲」を「細かく撮影」することが可能となり、より安全・安心で診断精度の高い検査を提供することが可能です。

短時間での撮影
わずかな息止め時間(約5秒)で広範囲の撮影ができます。

被ばくの低減
最新の技術により、大幅な被ばくの低減が可能になりました。

画質・診断能の向上
高精細な画像を多方向から観察することができ、診断能が向上しました。

広いプラットフォーム
装置の開口径が広く、圧迫感が少ないため、安心して検査を受けることができます。

(頭部)

脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈の石灰化や脳萎縮の程度などを調べます。

(胸部)

肺がん、肺炎、縦隔腫瘍、肺気腫などを調べます。
通常のレントゲン検査では心臓や血管に隠れて発見することの難しい極微小の肺がんに対して効果を発揮します。
また、近年増加してきているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の早期発見、早期治療にも非常に有効です。

(腹部)

肝臓、膵臓、腎臓などの重要臓器を撮影し疾患の有無を調べます。
また、超音波検査と併用することで、より詳細に観察することができます。
同時に内臓脂肪の量を測定しメタボリックシンドロームの診断も行っています。

上部消化管内視鏡検査

 胃カメラは食道・胃・十二指腸を観察します。直接、色調の認識が出来ると共に生検による病理組織学検査も可能です。

頚部超音波検査

 動脈硬化が原因で、動脈の血管の壁が厚くなったり、内腔が狭くなったりしている様子を写し出します。頸動脈の動脈硬化は全身の動脈硬化の程度を反映していると考えられます。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離など命にかかわる病気の発症の原因になりますので、その危険度を推測することは大切です。

血管年齢検査(血圧脈波検査)

 血管は加齢とともに硬くなり、そこに血液中の脂肪などが付着すると血管壁は厚くなります。この状態を「動脈硬化」と言います。血管が狭くなったり、栓ができたりして血液が流れにくくなると、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などがおこりやすくなります。特に生活習慣病といわれる肥満症・高血圧症・高脂血症・糖尿病や喫煙の既往があると心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の原因になります。

Lox−index(ロックス・インデックス)

 動脈硬化の進行度や脳梗塞・心筋梗塞のリスクを調べる検査です。動脈硬化は進行する前に予防対策をとることが出来ます。

心筋疲労度測定(NT-proBNP)

 血中濃度を測定することで、心不全検査として有効な検査です。

CA125(卵巣)検査

 卵巣がん、子宮がん・子宮内膜症などに特異的な反応を示す腫瘍マーカー検査であり、血液検査で行います。

CA19-9(膵臓・胆のう)検査

 膵臓がん、胆のう・胆管がんに特異的な反応を示す腫瘍マーカー検査であり、血液検査で行います。

PSA(前立腺)検査

 前立腺がんか否かを判断する最初の基準として非常に有効的な血液検査です。
 50歳以上の男性にお勧めです。

FSH+E2検査(更年期の検査)

 卵巣機能の評価に用いられ、更年期障害などを考える際の参考資料に用いられる血液検査です。

骨粗鬆症検査

 高齢者の骨折原因で重要なのは骨粗鬆症です。骨の量が減って骨がもろくなる骨粗鬆症は閉経後の女性や高齢者に多く、骨粗鬆症を予防し早期治療するために骨密度を測ります。
 骨密度をあらわす骨塩量は、第2中手骨の骨量をもって測定します。これは、骨塩量そのものを測定するものではありません。全身骨塩量や腰椎骨密度測定とよく相関するといわれている検査です。

歯周病検査

 唾液を用いて歯肉の出血や炎症を調べ、自覚症状がないままに進行することが多い歯周病を、早期に発見する検査です。

肺がん(喀痰細胞診)検査

 口から痰を採取して、肺や気管支などの細胞の異型性を調べます。

3Dマンモグラフィ

 乳房の断面が撮影出来るマンモグラフィの一種です。(詳細)

軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査

 MCIとは、アルツハイマー型認知症の発症前の段階。この検査では血液検査でMCIのリスクをはかります。(詳細)

大腸CT検査

 マルチスライスCTと炭酸ガスを利用した、新しい大腸の検査法です。(詳細)

 

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰