健康診断のご案内

健康に関する幅広いご相談に対応できる体制を整備いたしました。

子育ちに関する悩みごとや不安に、専門医師が直接アドバイスします!!

 従来、健診事業というと、小児期を一足飛びして、その対象は成人に重きがおかれてきました。しかし、生活習慣病をはじめとして病的状態に至る前に、子どもの時期からの健康教育、健康診査が重要であることは論を待ちません。
 そこで当協会では、子どもからお年寄りまでのすべてのライフステージに対応できる体制を作るために、子ども成育支援管理センターを新たに設置しました。その事業の一つとして、子育ちに関する健康相談や悩み事に対応するため、「子育ち」よろず相談室も設けましたので、ご利用頂きたく思います。
                  子ども成育支援管理センター 鈴木 仁

電話でのお問い合わせは:毎週金曜日:午後3時~5時

※相談が多数となる場合は、予約制となります。

 (お問い合わせフォーム・E-mailからは随時受付けております。)

最近メタボと判定された・・・年々血圧が上がっている・・・ など、
 健康の悩みや不安はありませんか?
 保健師・管理栄養士・運動指導士の専門スタッフが、健康づくりを
 応援いたします!

電話でのお問い合わせは:毎週木曜日:午後1時30分~5時

 (お問い合わせフォーム・E-mailからは随時受付けております。)

健(検)診の受け方、結果の見方がわからない・・・  
 精密検査になったけど、どこに行けばいいか・・・  
 婦人科(乳がん・子宮がん)検診について

電話でのお問い合わせは:毎週木曜日:午後1時30分~5時

 (お問い合わせフォーム・E-mailからは随時受付けております。)


Q: メタボといわれたが、特定保健指導はどこで受けられる?
A: 加入されている健康保険の種類により、実施機関が異なります。
各健康保険組合(共済組合・協会けんぽ等)や国民健康保険の窓口までご確認ください。
   
Q: コレステロールを下げるのには、どうしたらよいか?
A: 脂ものや乳製品など、動物性脂肪が含まれる食品を控えた食生活に心がけましょう。
また、適度な運動や日常生活でまめに体を動かすこと、身体活動量を上げることで、体内の脂肪分を燃やすことも大切です。
これまでの生活を振り返り、これからの健康状態の改善にお役立てください。
   
Q: 健康講話を依頼したいのですが・・・
A: 当会では、健診の受け方やがんの予防法をはじめ、運動・栄養に関する講演会を開催しております。
(詳細は、こちらををクリック!
健康推進課健康相談係まで、お気軽にお問合せください。TEL:024-546-0396
   
Q: 特定健康診査や保健指導は、どうしても受けなくてはいけないのですか?
A: ご自分の体の状態を知るだけでなく、今の元気や健康を今後も続けていくための一つの指標となります。5年後、10年後が楽しく豊かな人生を送れるためのきっかけ作りとして、ぜひ特定健診や保健指導をお役立てください。
特定保健指導では、ライフスタイルに合ったアドバイスについて、専門スタッフから栄養・運動等のご提案をいたします。健康づくりのパートナーとして応援させていただきますので、お気軽にご活用ください。
   
Q: 自分で乳房の自己触診をしていたら、しこり等の症状をみつけたのですが・・・。
A: まずは、乳腺専門医師に相談してください
(乳腺専門医療機関は福島県医師会のホームページで確認することができます。)
一部の方からは、がん検診を受けて確認したいというご意見もあるのですが、がん検診は時間を要するため、発見が遅れてしまうということがあります。
勇気をもって、早目に相談するようにしましょう。
   

 

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰