食品等事業は、製造、調理、販売食品等の安全性を確保するために食品衛生法等により食品、使用水、保菌の検査をすることが定められています。

  • 食品の検査

  • 営業使用水の検査

  • 全項目試験(26項目)・・・営業水として新たに井戸水等を使用する場合
    簡易試験(13項目)・・・1年以内に1回、定期的に

  • 消費・賞味期限設定のための検査

  • あらかじめ定めた条件で食品を一定期間お預かりして検査を行います。

  • 施設衛生検査

  • ふきとり検査
    落下細菌検査

  • 栄養成分試験

  • エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウムなど

  • 保菌検査

詳しい検査内容、検査料金についてはこちらをクリックしてください。

検査のお申し込みについてはこちらをクリックしてください。

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰