がん征圧全国大会「永年勤続表彰」の受賞

9月13日(金)に愛媛県松山市でがん征圧全国大会が開催されました。また、当協会では健康支援課看護係長の福島京子さんが、がん検診やがんの啓発活動への長年の功労を認めた者に送られる「永年勤続表彰」を受賞されました。

(左から)鈴木会長、福島看護係長 <9月18日(水)会長室にて>

(左から)鈴木会長、福島看護係長 <9月18日(水)会長室にて>


受賞者から一言
「がん征圧全国大会に参加して―15年間の回想―」
 愛媛県松山市で行われたがん征圧全国大会で「永年勤続表彰」をいただいてきました。大会期間中は、各支部の方々と意見交換や情報交換を行い、とても有意義な時間を過ごすことができました。併せて「今、何をすべきなのか?今、何が足りないのか?」15年間無我夢中で取り組んできた仕事のあり方を改めて考えさせられた大会となりました。今後は、新たな課題を見つけ、職員みんなで前に進んでいきたいと思います。この度は貴重な経験をさせていただきまして、ありがとうございました。
(健康支援課看護係長 福島京子)

(左から)小倉事務局次長、鈴木会長、福島看護係長、吉田健康支援課長、小野副会長

(左から)小倉事務局次長、鈴木会長、福島看護係長、吉田健康支援課長、小野副会長

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰