6カ月以上の継続的支援により、体重・腹囲を減少しメタボリックシンドロームやその予備群を予防し、健康的な生活が送れるよう食事や運動の方法を支援いたします。

積極的支援

面談

支援期間中3回

支援レター

計4回の支援レターを送り、効果的な減量のための知識をお伝えしたり、事例などをお示しすることで、目標体重に近づけるよう支援いたします。

中間評価

初回面談から約3カ月経過後、郵送により行います。
アンケートにより体重の変化や日々の食事・運動の実践度などを把握し、後半へのアドバイスをご本人へお返しします。

最終評価

最終面談時にお預かりしたアンケートや当日の腹囲・体重・血液検査により、終了証書をご本人へお返しします。その後保険者様へ結果報告書を送ります。

特定保健指導の流れ
動機づけ支援

グループ支援

パワーポイントを使用したグループ支援により、食事や運動の仕方をわかりやすく説明し、6カ月間の目標をたてます。

支援レター

計4回の支援レターを送り、効果的な減量のための知識をお伝えしたり、事例などをお示しすることで、目標体重に近づけるよう支援いたします。

最終評価

郵送いただいたアンケートにより、終了証書をご本人へお返しします。その後、保険者様へ結果報告書を送ります。

特定保健指導の流れ
一部委託

保険者様で計画した特定保健指導のなかで、栄養指導・運動指導などの一部分のみのスタッフ依頼がありましたら、管理栄養士・ヘルスケアトレーナー・保健師を派遣いたします。

指導種類 栄養指導 運動指導
時  間 1時間30分~2時間
スタッフ 管理栄養士 ヘルスケアトレーナー
内  容

《食事の改善でスリムになろう》

  1. 肥満度チェック及び目標体重の設定

  2. 減量コース選択とエネルギー量の決定

  3. 1日の食事目安量の確認
    (フードモデル使用)

  4. 改善目標設定

《太りにくい身体を作ろう》

  1. 血圧・心拍数測定

  2. 体調チェック

  3. 講 話
    運動の必要性・効果について

  4. 実 技
    ストレッチング
    筋力トレーニング
    有酸素運動
    ストレッチング

特定保健指導の指導区分

特定健康診査の受診結果に基づき、①動機づけ支援 ②積極的支援 の2つに区分されます。
本会は、特定保健指導(動機づけ支援・積極的支援)の実施機関として登録されていますので、保健指導を希望する際は問い合わせ下さい。

お問合せ

人間ドック 社会貢献 診断を受けた後は・・・?
健康情報 採用情報 研究成果情報・学会等表彰